ROCKCUBE

  • アクセス
  • 利用料金
  • 壁の説明
  • RockCubeについて
  • セッター紹介
  • よくある質問
  • ブログ
  • ROCKCUBEfacebookページ
  • ROCKCUBE Twitter

お気軽にお電話ください048-993-4569

百聞は一見に如かずな動画

ボルダリングってなんなの?

ボルダリングとは

冒険的要素が凝縮された単純明快な“登る”という行為です。その魅力を知ってしまったらもう後戻りはできません。

初心者歓迎!

誰にでも、いつからでも始められます

初めはハシゴを登るような易しい課題から登ります。スタッフが登り方を分かりやすく説明致します。

Rock Cubeで仲間ができる!

興味が湧いた方は

ROCK CUBEでボルダリングを体験してみてください!その際には動きやすい服をお持ちください。見学はいつでも可能です。

おしらせ

2017年10月
11月の定休日について | 11/7(火)、11/21(火)
2017年7月
全壁ホールド替え完了! | セッター:松島さん<PRO SET>、松島由希さん、小西大介さん(グラビティリサーチ)
2017年2月
ブログ更新しました。 はじめてのボルダリング!当日の流れを7つに分けて紹介
お得情報①
☆初回シューズレンタル無料☆
こちらの画面を受付時に提示してください。
 
お得情報②
☆初回登録料が提携16店舗で無料☆
これからはじめる人に朗報!渋谷・新宿・池袋・大宮などの提携ジム16店舗でで初回登録料が無料になるサービスです。
詳細はこちら
お得情報③
☆体験ボルダリング☆ 30分1,280円~ 詳細はこちら
お得情報④
☆平日の昼間は登り放題☆
2時間の料金で18時までOK。体力の続く限り登り尽くして下さい!!
 

アクセス

ROCK CUBE CLIMBING GYM

埼玉県越谷市南越谷1-15-1 楽園タウン

■アクセス方法
JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩3分
東武伊勢崎線 新越谷駅東口から徒歩3分
立体駐車場有り(ROCK CUBEご利用のお客様は400円/1日で楽園タウンの立体駐車場がご利用可能です。スタッフまでお声掛けください。)
■営業時間
平日 13:00〜22:00
土日祝日 10:00〜21:00
■定休日
毎月第1、第3火曜日(休日の場合はその翌日)
年末年始 (不定休)
※ホールド替えなどによる臨時休業日は、お知らせにてご確認ください。

利用料金(税込)

クレジットカード決済に対応しました。

初回登録料 1,080円
施設利用料 一般 大学・専門学生 高校生以下
平日 2時間 1,380円 1,380円 1,080円
1日 1,780円 1,580円 1,280円
土日
祝日
2時間 1,580円 1,580円 1,180円
1日 1,880円 1,780円 1,380円
レディースデー(水曜)
2時間のみ
1,080円 1,080円 1,080円

※見学のみの場合、保護者様の初回登録料及び施設利用料はかかりません。

レンタル料 クライミング
シューズ
液体チョーク
(滑り止め)
320円 無料
月パス 一般 大学・専門学生 高校生以下
1ヶ月 11,000円 10,000円 8,000円
3ヶ月 30,000円 28,000円 22,000円

例えば…

(1)初めてのお客様(一般)が平日にご来店いただき2時間ご利用される場合

初めてのお客様(一般)が土曜日にご来店いただき2時間ご利用される場合

(2)初めての女性お客様(一般)が水曜日レディースデーにご来店いただき2時間ご利用される場合

初めてのお客様(一般)が土曜日にご来店いただき2時間ご利用される場合

ご予約

ご予約

はじめての方へ(壁の紹介)

ボルダリングをやったことがないと、「難しくない?」とか「私にもできるの?」とか不安もあると思います。そこでボルダリングジムの壁についてわかりやすく紹介します。当ジムの場合、傾斜の異なる壁が5種類あります。ジムによって壁の傾斜や種類、形状は異なりますが、初めてボルダリングをする方の参考になると思いますので是非目を通してみてください!では、それぞれの壁について、特徴と初めて登った人の感想を合わせて紹介していきます。

スラブ壁

ボルダリングが初めてのみなさんが、まず最初に挑戦する壁です!壁が5度だけ向こう側に倒れているので、初めてでもそんなにツラさは感じないと思います。一番多い感想が「結構簡単でした!」というもの。最初に登る一番簡単なコースであれば、ほとんどの人が1回で登ってしまいます。簡単なコースの次には少し難しいコースにも挑戦してみます!難しいコースになって、だんだん持ち手が小さくなったり持ちづらい形状になってきたりすると...はたして、どこまで登れるでしょうか!?

傾斜角度
85度
感覚/体感
壁に立てかけられた梯子を登るようなイメージ。簡単なコースは持ち手もいいので安心して登れます。ただ、傾斜が85度だからといってすべてのコースが登れるものではありません。難しいコースはスタートすることすらできないかもっ!?
感想の紹介

これなら私にも登れる!ゴールまで登れると達成感がありますね!降りるのが少し怖かったです。(女性/20代)

持ち手が大きくて持ちやすいから難しくなかったです!ここに来る前は登れるのかどうか不安だったので、登れて一安心しました。(女性/40代)

まだまだ大丈夫ですね!ホントに梯子を登るような感じだったし、これなら私にもできそうです!ただ、これから難しくなるんだろうけど。(男性/40代)

高くて少し怖かったけど登れた!(男の子/小学生)

※初めは壁の高さから怖そうにして何度か途中で降りてきましたが、だんだんと慣れてきて少しずつ高さを上げられるようになり遂にゴール!

▲壁の紹介のトップへ

95度壁

この壁は5度だけ自分の方にせまって倒れてきています。たかが5度、されど5度。普段の生活でこのような傾斜の壁に登ることはまずないので、たったの5度ですが重力で壁から身体がはがされていくのを感じます。スラブ壁で何本か登ったあとに、「次は隣の壁に移りましょう」とご案内すると大体の人が「そっちの壁、私でも登れるんですか...??」となりますが、傾斜がきつくなっていっても簡単なコースはそんなに難しくありません!スラブ壁の少し難しいコースの方が、傾斜のある壁より実は難しかったりもします。

傾斜角度
95度
感覚/体感
2段ベッドの梯子のような垂直の梯子を登るより少し難しいイメージ。腕に乗ってくる体重がスラブ壁より増えますので、腕の負担はその分増加します。お子さんや女性は体重が軽い分腕の負担も男性と比べるとそれほどないかもしれません。
感想の紹介

スラブ壁と全然違う!たった5度でも壁からはがされる感じがありますね。でも、スラブ壁の難しいコースよりは持ち手が持ち易いから難しくなかった!(女性/20代)

おぉ、なるほど。最近体重が増えてるので、けっこう腕にきますね。どこまでこの自分の体重に耐えられるのかが勝負ですね。(男性/30代)

少しきつかったけど、案外登れるものですね!これは明日の筋肉痛確定ですね。(女性/40代)

楽しいっ!(女の子/小学生)

▲壁の紹介のトップへ

105度壁

この壁までは初めてでも簡単なコースであれば半分以上の方が登れてしまう傾斜です。ただ、簡単なコースでも登るまでに何回かのトライを必要とするコースも人によっては出てきます!腕にかかる負担がまたさらに増加しますが、あまり力まずにお猿さんのようにスイスイ登った方が楽です。とは言っても、やっぱり男性は力がある分腕にたよって登り女性や子供は力がない分身体を使って登る、という傾向はあります。

傾斜角度
105度
感覚/体感
「感覚としては95度壁とそんなに大差はありませんよ〜」と説明して登っていただくと、「いや、こっちの方がつらいじゃないですか!」という感想が返ってくることが多いです。
感想の紹介

え〜、難しいっ!もう一回やってみてもいいですかっ!?これは今日中に絶対登りたいっ!(女性/30代)

だんだんと前腕に疲れがたまってきてる感じがします。でもまだまだいけます!(男性/20代)

やったー!やっと登れた〜!あっちの壁(115度壁)は耐えられないけど、こっちの傾斜ならまだなんとか登れる!(女性/40代)

▲壁の紹介のトップへ

115度壁

壁の前に立って登ろうとしたときに「エッ!?」と思う傾斜です。この傾斜になると初めてで登れる人は半分もいません。ボルダリングを続けていけば登れるようになるのですが、初めての場合は体力と筋力をどんどん消費してしまうのでこの壁に挑戦する回数には要注意!!はじめてなのに傾斜の強い壁ばかり登ってしまうとすぐに疲れてしまい、緩い傾斜の壁も登れなくなってしまいます!

傾斜角度
115度
感覚/体感
これぞボルダリング!という傾斜。腕の負担が今までの傾斜の壁と比べ格段に増加します。たいていの人は「これスタートできるんですか??」という所から始まります。
感想の紹介

あともう少しで登れるのに!元気なときにやってればできたかもしれないのにな。次に来たときにはじめに挑戦すれば登れる気がする!(女性/30代)

私には無理だな〜、あっちの(傾斜がゆるやかな)壁で登ることにします!ぶら下がってるだけでも自分の体重に耐えられない。ダイエットしなきゃなぁ。(女性/40代)

登れたーっ!でも、すでに腕がパンパンになってます。この傾斜はそんなに何回も挑戦できないですね。早めに登れて良かった!(男性/30代)

▲壁の紹介のトップへ

コーナー壁

登り出しから厳しいです。初めての人のほとんどが登れない傾斜です。体重の軽い女性やパワーのある男性など、初めてでも登ってしまう人も少数ですがいます。修行のような感覚に近いかもしれません。それだけに登れた時の喜びはひとしおです!

傾斜角度
120度と140度のミックス
感覚/体感
うんていにぶら下がっている状態で登っていくようなイメージ。自分の体重と重力をしっかり感じることができます。運動に自信がある方や力自慢の男性はぜひ挑戦してみてください。
感想の紹介

これ登れるんですか?私は大丈夫です!遠慮しておきます!(女性/20代)

うぉ〜、悔しいーっ!次のあの一手が取れれば登れると思うんですが、あの一手が下から見上げるとすごく遠くて取れる気がしません。(男性/30代)

やったーっ!登れた!これって結構凄くないですか!?(男性/20代)

▲壁の紹介のトップへ

オウンリスク(自己責任)について

ボルダリングとは怪我の危険をともなう行為です。
自らの行為が自己または他者におよぼす結果については、すべて自己責任となります。この自己責任の原則を受け入れることで、怪我のリスクをコントロールできるようになります。

施設利用について

18歳未満のお客様のご利用には、「登録申込書」に保護者様のサインが必要となります。初回来店時にボルダリングにおける怪我のリスク等につきましてご説明致しますので、お付添いの上、ご同意いただける場合のみサインしていただくようお願い致します。

ROCK CUBEの3つの”R”

セッター紹介

岡野寛氏

ホールドの形状を生かして課題設定しました。足使いを意識してトライしてみて下さい。
お勧めの課題:2級 → 4番、3級 → 5番、4級 → 4番、5級 → 5番

佐川史佳氏

基本的なバランスを覚えたら、あとは登るのみ。脚力もうまく使って、フットホールドに立ち上がろう!
お勧めの課題:2級 → 1番、3級 → 2番、4級 → 1番、5級 → 2番

よくある質問

何を持っていけばいいですか?
動きやすい服だけでOK!
Tシャツやジャージなど、動きやすく汚れても構わない服をお持ちください。また、クライミングシューズをお持ちでない方はレンタルシューズをご利用していただきますが、必ず靴下を履いていただいていますので、 忘れずにお持ちください。
◆服装に迷ったときはこちらを参考にしてください!blog:ボルダリングに挑戦!服装はこれで決まり!
何歳から登ることができますか?
小学生から登れます!
中学生以下のお子様が利用する場合、保護者様の付添いが必要です。保護者様はお子様の安全管理をしっかりと行ってください。クライミング経験が豊富等、当施設がお子様だけでの施設利用が可能と判断した場合は、中学生以下であっても保護者様の付添いなしでのご利用が可能です。保護者様の付添がない場合、小学生及び中学生のご利用は17時30分まで、高校生のご利用は19時までとさせていただきます。
初めてでも登れますか?
心配要りません!
最初ははしごを登るような簡単なものから登り始めますので誰でも登ることができます。だんだんと難易度の高い課題に挑戦していく中で登れないものが出てきます、それが成長のチャンスです。
◆初めてで不安な方はこちらを参考にしてください!blog:はじめてのボルダリング!初心者でも登れるもの? 
◆初回の流れについて紹介しています!blog:はじめてのボルダリング!当日の流れを7つに分けて紹介
腕力がないと登れませんか?
そんなことはありません。
実際、腕力のない女性でも腕力のある男性より上手に登れる方はたくさんいらっしゃいます。もちろん、腕力があることが有利に働くこともあります。しかし、力に頼り過ぎる登り方がその人の上達を妨げてしまうことさえあります。まずは一度トライしてみてください。腕力のある人よりも登れる体験ができるかもしれません。
怪我をすることが恐いです。ボルダリングで怪我をすることはありませんか?
怪我のリスクを全くなくすことはできません。
どんなスポーツも怪我をするリスクをはらんでいます。ボルダリングとはクライミングの一種であり、数メートルの高さの岩を確保なしに登るその行為には捻挫や骨折など大きな怪我をするリスクがあります。
ジムでは床に厚いマットを敷くなどリスクを減らすようにしていますが、それでも怪我のリスクをゼロにすることはできません。怪我に対する恐怖心はあった方がいいと考えています。恐怖心がある人は、そうでない人と比べて、自らの行為が自己または他者に与える影響を考え、そのリスクを避ける行動を取りやすくなります。怪我に対するリスクを予測し、その可能性を減らすようコントロールしていくこと自体がボルダリングという行為の中に含まれているとも言えるでしょう。自分が怪我をしない、他者に怪我をさせないために、ルールを守りスタッフの指示に従い安全にボルダリングを楽しんでください。
ダイエットに効くという話を聞いたことがあるのですが。
効果的だと思います。
ボルダリングは全身を使う運動ですので、ダイエットに効果的な運動だと思います。自分の体重を支えるために体幹をはじめとする筋肉を総動員しますので、初めて登った後は心地よい全身の疲れを感じられるでしょう。また、ボルダリングに熱中する多くの人は、目標とする課題を登るために体重管理をしています。支える重さは軽い方がいいからです。そのような意味においても、ボルダリングはダイエットに効果的だと思います。
◆ダイエット効果についてまとめてありますので興味のある方は!blog:ボルダリングはダイエットに最適か?
団体での貸切りはできますか?
ご相談ください!
可能な範囲で対応いたしますので、お気軽にお問合せください。ボルダリングを通じて、仲間と交流を深めましょう!

ページトップへ